二次元配列を作成するJavaScriptプログラム

Javascript

例:forループを使用した2次元配列

// program to create a two dimensional array

function twoDimensionArray(a, b) {
    let arr = [];

    // creating two dimensional array
    for (let i = 0; i< a; i++) {
        for(let j = 0; j< b; j++) {
            arr[i] = [];
        }
    }

    // inserting elements to array
    for (let i = 0; i< a; i++) {
        for(let j = 0; j< b; j++) {
            arr[i][j] = j;
        }
    }
    return arr;
}

const x = 2;
const y = 3;

const result = twoDimensionArray(x, y);
console.log(result);

出力

[[0, 1, 2], [0, 1, 2]]

上記のプログラムでは、の最初の引数は twoDimensionArray() 関数は配列要素の数を表し、2番目の引数は各配列要素内の配列要素の数を表します。

最初 for ループは、2次元配列を作成するために使用されます。 [[]、 []]

二番目 for ループは各配列要素を反復処理し、配列要素内に要素を挿入します。

i =の場合 0、要素は最初の配列要素に挿入されます [[0, 1, 2]、 []]

i =の場合 1、要素は2番目の配列要素に挿入されます [[0, 1, 2]、 [0, 1, 2]]



Hope this helps!

Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です