再帰を使用してフィボナッチ数列を表示するJavaScriptプログラム

Javascript

フィボナッチ数列は次のように記述されます。

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, ...

フィボナッチ数列は、最初の2つの項が次の整数列です。 0 そして 1。 その後、次の項は前の2つの項の合計として定義されます。 したがって、n番目の項は (n-1)th 用語と (n-2)th 期間。


例:再帰を使用したn番目の項までのフィボナッチ数列

// program to display fibonacci sequence using recursion
function fibonacci(num) {
    if(num < 2) {
        return num;
    }
    else {
        return fibonacci(num-1) + fibonacci(num - 2);
    }
}

// take nth term input from the user
const nTerms = prompt('Enter the number of terms: ');

if(nTerms <=0) {
    console.log('Enter a positive integer.');
}
else {
    for(let i = 0; i < nTerms; i++) {
        console.log(fibonacci(i));
    }
}

出力

Enter the number of terms: 5
0
1
1
2
3

上記のプログラムでは、再帰関数 fibonacci() フィボナッチ数列を見つけるために使用されます。

  • ユーザーは、フィボナッチ数列を印刷するまでのいくつかの用語を入力するように求められます(ここでは 5)。
  • ザ・ if...else ステートメントは、数値がより大きいかどうかを確認するために使用されます 0
  • 数がより大きい場合 0for ループは、各項を再帰的に計算するために使用されます( fibonacci() 再び機能します)。



Hope this helps!

Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です