数値が奇数か偶数かをチェックするJavascriptプログラム

Javascript

でも 数は正確に割り切れる数です 2

剰余演算子 % 数字と一緒に使用すると余りが出ます。 例えば、

const number = 6;
const result = number % 4; // 2 

したがって、 % で使用されます 2、数は でも 余りがゼロの場合。 それ以外の場合、番号は 奇数


例1:if … elseの使用

// program to check if the number is even or odd
// take input from the user
const number = prompt("Enter a number: ");

//check if the number is even
if(number % 2 == 0) {
    console.log("The number is even.");
}

// if the number is odd
else {
    console.log("The number is odd.");
}

出力

Enter a number: 27
The number is odd.

上記のプログラムでは、 number % 2 == 0 番号が でも。 残りが 0、数は偶数です。

この場合、 27%2 に等しい 1。 したがって、数は奇数です。


上記のプログラムは、三項演算子を使用して作成することもできます。

例2:三項演算子の使用

// program to check if the number is even or odd
// take input from the user
const number = prompt("Enter a number: ");

// ternary operator
const result = (number % 2  == 0) ? "even" : "odd";

// display the result
console.log(`The number is ${result}.`);

出力

Enter a number: 5
The number is odd.



Hope this helps!

Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です