配列に指定された値が含まれているかどうかを確認するJavaScriptプログラム

Javascript

例1:includes()を使用して配列をチェックする

// program to check if an array contains a specified value

const array = ['you', 'will', 'learn', 'javascript'];

const hasValue = array.includes('javascript');

// check the condition
if(hasValue) {
    console.log('Array contains a value.');
} else {
    console.log('Array does not contain a value.');
}

出力

Array contains a value.

上記のプログラムでは、 includes() メソッドは、配列に指定された値が含まれているかどうかを確認するために使用されます。

  • ザ・ includes() メソッドは true 値が配列に存在する場合。
  • ザ・ if...else ステートメントは、条件に従って結果を表示するために使用されます。

例2:indexOf()を使用して配列を確認する

// program to check if an array contains a specified value

const array = ['you', 'will', 'learn', 'javascript'];

const hasValue = array.indexOf('javascript') !== -1;

// check the condition
if(hasValue) {
    console.log('Array contains a value.');
} else {
    console.log('Array does not contain a value.');
}

出力

Array contains a value.

上記のプログラムでは、 indexOf() メソッドはで使用されます if...else 配列に指定された値が含まれているかどうかを確認するステートメント。

ザ・ indexOf() メソッドは配列を検索し、最初に出現した位置を返します。 値が見つからない場合は、 -1

注意: どちらも includes() そして indexOf() 大文字と小文字が区別されます。 したがって、 J そして j 異なっています。



Hope this helps!

Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です