配列を小さなチャンクに分割するJavaScriptプログラム

Javascript

例1:slice()を使用した配列の分割

// program to split array into smaller chunks

function splitIntoChunk(arr, chunk) {

    for (i=0; i < arr.length; i += chunk) {

        let tempArray;
        tempArray = arr.slice(i, i + chunk);
        console.log(tempArray);
    }

}

const array = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8];
const chunk = 2;
splitIntoChunk(array, chunk);

出力

[1, 2]
[3, 4]
[5, 6]
[7, 8]

上記のプログラムでは、 for ループはで使用されます slice() 配列を配列の小さなチャンクに分割するメソッド。

ザ・ for ループは配列の要素を反復処理します。 各反復中、の値 チャンク値によって増加します(ここでは 2)。

ザ・ slice() メソッドは、配列から要素を抽出します。ここで、

  • 最初の引数は開始インデックスを指定します。
  • 2番目の引数は、終了インデックスを指定します。

例2:splice()を使用した配列の分割

// program to split array into smaller chunks

function splitIntoChunk(arr, chunk) {

    while(arr.length > 0) {

        let tempArray;
        tempArray = arr.splice(0, chunk);
        console.log(tempArray);
    }
}

const array = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8];
const chunk = 2;
splitIntoChunk(array, chunk);

出力

[1, 2]
[3, 4]
[5, 6]
[7, 8]

上記のプログラムでは、whileループは splice() 配列を配列の小さなチャンクに分割するメソッド。

の中に splice() 方法、

  • 最初の引数は、アイテムを分割するインデックスを指定します。
  • 2番目の引数(ここ 2)分割するアイテムの数を指定します。

ザ・ while ループは、配列が空になるまで配列を反復処理するために使用されます。



Hope this helps!

Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です