PIP:プライベートPyPiリポジトリからインストール

Python

デフォルトでは pip パブリックPyPiリポジトリからパッケージをインストールしますが、NexusやArtifactoryなどのプライベートリポジトリからパッケージをインストールするように構成することもできます。

このノートでは、構成方法を示します pip プライベートリポジトリからパッケージをインストールします。

また、ユーザー名とパスワードを定義する方法も示します pip 認証が必要なプライベートリポジトリとSSL関連の問題のトラブルシューティング方法。

クールなヒント: を使用してパッケージの特定のバージョンをインストールする方法 pip! 続きを読む→

プライベートリポジトリからのPipインストール

プライベートPyPiリポジトリからパッケージをインストールします。

$ pip install -i https://<repository-url> <package>
- or -
$ pip install -i https://<repository-url> -r requirements.txt

の場合:

SSLError「SSL:CERTIFICATE_VERIFY_FAILED」
–または–
警告「リポジトリは次の場所にあります <リポジトリドメイン> は信頼できるホストでも安全なホストでもないため、無視されています。」

次のように、CAバンドルへのパスを定義し、プライベートPyPiリポジトリからパッケージをインストールできます。

$ pip install --cert <path> 
              -i https://<repository-url> <package>

または、マークを付けることができます <リポジトリドメイン> SSLチェックを無視する信頼できるホストとして:

$ pip install --trusted-host <repository-domain> 
              -i https://<repository-url> <package>

基本認証を使用してプライベートPyPiリポジトリに接続します。

$ pip install --trusted-host <repository-domain> 
              -i https://<user>:<pass>@<repository> <package>

例:

$ pip install --trusted-host pypi.python.org 
              -i https://username:[email protected]/simple numpy

プライベートPyPiリポジトリ設定は、で定義することもできます。 /etc/pip.conf、 例えば:

[global]
index-url = https://username:[email protected]/simple
trusted-host = pypi.python.org
#cert = /etc/pki/ca-trust/source/ca-bundle.crt

Hope this helps!

Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です