CentOS 8にLaravelをインストールする方法

Centos/RHEL 開発環境

Laravelは、強力なオープンソースのPHP Webフレームワークであり、Webアプリケーションの開発を迅速化するために設計されています。これはSymfonyフレームワークに基づいており、MVCアーキテクチャパターンに従います。このチュートリアルを書いている時点では、Laravel 7.12が入手可能な最新バージョンです。

Laravelフレームワークは、Artisanと呼ばれるコマンドラインインターフェース(CLI)も提供します。アプリケーションの操作を実行するのに役立つコマンドを提供します。

この記事は、Laravel PHPフレームワークをCentOS 8システムにインストールするのに役立ちます。

前提条件

  • 新しくインストールされたシステムは、 初期サーバーセットアップに従います 。
  • sudo特権アカウントによるシェルアクセス。

ステップ1 – LAMPスタックのインストール

まず、Laravelは、CentOS 8システムでLAMPスタックを実行するためにLAMPスタックを必要としました。システムはすでにLAMPスタックを実行している場合、このステップをスキップできます。それ以外の場合は、次のコマンドを使用してインストールします。

Apache2をインストールする

 sudo dnf install httpd

MySQLをインストールする

 sudo dnf install @mysql
 sudo mysql_secure_installation

PHPをインストールする

Laravelにはphp 7.2以降のバージョンが必要です。以下のコマンドを使用してシステムにPHPをインストールしましょう。

 sudo dnf install php php-curl php-bcmath php-dom php-xml php-mbstring php-json

ステップ2 – PHP Composerのインストール

Composerは、新しいLaravelアプリケーションを作成したり、既存のアプリケーションの依存関係をインストールしたりするために使用されます。以下のコマンドを実行して、システムにPHPコンポーザーをダウンロードしてインストールします。

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
mv composer.phar /usr/local/bin/composer
chmod +x /usr/local/bin/composer

ステップ3 – Laravelアプリケーションを作成する

次に、composerパッケージマネージャーを使用してLaravelアプリケーションを作成します。プロジェクトディレクトリに切り替え、「composer create-project laravel / laravel」の後にアプリケーション名を指定して、Laravelアプリケーションを作成します。

cd /var/www
composer create-project laravel/laravel myLaravelApp

上記のコマンドは、Laravelプロジェクトファイルをダウンロードし、CentOSシステムに必要なすべての依存関係をインストールします。

次に、Illuminate暗号化サービスで使用される32ビット長の乱数暗号鍵を設定します。

cd /var/www/myLaravelApp
php artisan key:generate

Application key set successfully.

ステップ4 – Laravelアプリケーションにアクセスする

php artisanを使用して、開発環境でLaravelアプリケーションを実行します。その後、Apacheにデプロイする方法を説明します。

Laravelアプリケーションから以下のコマンドを実行します。ホストをLAN IPまたはlocalhostに変更して、アクセスを制限できます。

php artisan serve --host 0.0.0.0 --port=8000

localhost(ローカルシステムの場合)またはサーバーのIPアドレスと指定されたポートを使用して、Laravelアプリケーションにアクセスします。

 

ステップ5 – ApacheでLaravelをセットアップする

次に、Apache構成ファイルに仮想ホストを追加して、WebブラウザーからLaravelフレームワークにアクセスします。これを行うには、Apache構成ファイル/etc/httpd/conf.d/laravel.confを作成し、以下のコードを追加します。

sudo vim /etc/httpd/conf.d/laravel.conf
<VirtualHost *:80>
       ServerName laravel.example.net
       DocumentRoot /var/www/myLaravelApp/public

       <Directory /var/www/myLaravelApp>
              AllowOverride All
       </Directory>
</VirtualHost>

Apacheサービスを再起動し、お気に入りのWebブラウザーを使用してLaravelフレームワークにアクセスします。

sudo systemctl restart httpd.service

次に、アプリケーションのファイルとディレクトリに適切な権限を設定します。

chown -R apache.apache /var/www/myLaravelApp
chmod -R 755 /var/www/myLaravelApp
chmod -R 755 /var/www/myLaravelApp/storage

SELinux対応システムは、ストレージディレクトリへの書き込みを許可するために以下のコマンドも実行します。

chcon -R -t httpd_sys_rw_content_t /var/www/myLaravelApp/storage

最後に、WebブラウザでLaravelアプリケーションにアクセスします。

結論

このチュートリアルでは、composerを使用して新しいLaravelアプリケーションを作成し、開発システムで実行する方法を学びました。 Apacheサーバーにlaravelもデプロイしました。

Source

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です