CentOS8にDockerを使用してDiscourseフォーラムをインストールする方法

Centos/RHEL

Discourseは、インターネットの次の10年のために構築された無料のオープンソースプラットフォームです。 これは、メーリングリスト、ディスカッションフォーラム、長い形式のチャットルームなどとして使用できる最新のフォーラムソフトウェアです。 バックエンドにRubyon Rails、フロントエンドにEmber.js、データストアとしてPostgreSQL、キャッシングサーバーとしてRedisを使用します。 シンプルで効率的、モバイルフレンドリー、カスタマイズ可能で、オンラインディスカッションを簡単で楽しいものにします。

このチュートリアルでは、CentOS8サーバーにDockerを使用してDiscourseフォーラムをインストールする方法を示します。

前提条件

  • CentOS8を実行しているサーバー。
  • サーバーIPを指す有効なドメイン名。
  • ルートパスワードがサーバーに設定されます。

Dockerをインストールする

まず、サーバーにDockerをインストールする必要があります。 デフォルトでは、DockerはCentOS8標準リポジトリでは使用できません。 そのため、Dockerの公式リポジトリをシステムに追加する必要があります。 次のコマンドで追加できます。

dnf config-manager --add-repo=https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repo

リポジトリが作成されたら、次のコマンドを実行してDockerをインストールします。

dnf install docker-ce --nobest

Dockerをインストールした後、Dockerサービスを開始し、次のコマンドを使用してシステムの再起動時に開始できるようにします。

systemctl start docker
systemctl enable docker

これで、次のコマンドを使用してDockerのバージョンを確認できます。

docker --version

次の出力が表示されます。

Docker version 20.10.1, build 831ebea

Discourseをインストールする

まず、次のコマンドを使用してDiscourseのディレクトリを作成します。

mkdir /opt/discourse

次に、次のコマンドを使用して、Gitリポジトリから最新バージョンのDiscourseをダウンロードします。

git clone https://github.com/discourse/discourse_docker.git /opt/discourse

次に、ディレクトリをDiscourseに変更し、次のコマンドを使用してDiscourseをインストールします。

cd /opt/discourse
./discourse-setup

以下に示すように、FQDNを入力するように求められます。

which: no docker.io in (/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/root/bin)
which: no docker.io in (/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/root/bin)
Ports 80 and 443 are free for use
'samples/standalone.yml' -> 'containers/app.yml'
Found 4GB of memory and 2 physical CPU cores
setting db_shared_buffers = 1024MB
setting UNICORN_WORKERS = 4
containers/app.yml memory parameters updated.

Hostname for your Discourse? [discourse.example.com]: discourse.linuxbuz.com

有効なドメイン名を入力して、Enterキーを押します。 有効なメールアドレスとパスワードを入力するように求められます。

Checking your domain name . . .
Connection to discourse.linuxbuz.com succeeded.
Email address for admin account(s)? [[email protected],[email protected]]: [email protected]
SMTP server address? [smtp.example.com]: smtp.gmail.com
SMTP port? [587]: 
SMTP user name? [[email protected]]: [email protected]
SMTP password? [pa$$word]: yourpassword
Optional email address for Let's Encrypt warnings? (ENTER to skip) [[email protected]]: [email protected]

Does this look right?

すべての詳細を入力して、Enterキーを押します。 以下に示すように、すべての設定を確認する必要があります。

Hostname      : discourse.linuxbuz.com
Email         : [email protected]
SMTP address  : smtp.gmail.com
SMTP port     : 587
SMTP username : [email protected]
SMTP password : yourpassword
Let's Encrypt : [email protected]

ENTER to continue, 'n' to try again, Ctrl+C to exit: 

すべて問題がなければ、Enterキーを押してインストールを開始します。 インストールが完了すると、次の出力が表示されます。

+ /usr/bin/docker run --shm-size=512m -d --restart=always -e LANG=en_US.UTF-8 -e RAILS_ENV=production -e UNICORN_WORKERS=4 -e UNICORN_SIDEKIQS=1 -e RUBY_GLOBAL_METHOD_CACHE_SIZE=131072 -e RUBY_GC_HEAP_GROWTH_MAX_SLOTS=40000 -e RUBY_GC_HEAP_INIT_SLOTS=400000 -e RUBY_GC_HEAP_OLDOBJECT_LIMIT_FACTOR=1.5 -e DISCOURSE_DB_SOCKET=/var/run/postgresql -e DISCOURSE_DB_HOST= -e DISCOURSE_DB_PORT= -e LETSENCRYPT_DIR=/shared/letsencrypt -e DISCOURSE_HOSTNAME=discourse.linuxbuz.com -e [email protected] -e DISCOURSE_SMTP_ADDRESS=smtp.gmail.com -e DISCOURSE_SMTP_PORT=587 -e [email protected] -e DISCOURSE_SMTP_PASSWORD=yourpassword -e [email protected] -h centos8-app -e DOCKER_HOST_IP=172.17.0.1 --name app -t -p 80:80 -p 443:443 -v /var/discourse/shared/standalone:/shared -v /var/discourse/shared/standalone/log/var-log:/var/log --mac-address 02:e0:37:60:d3:09 local_discourse/app /sbin/boot
ab3bdf3c169d47d9ff06052f48ff078d46393f1152b651b9fd3354594cc38714

これで、次のコマンドを使用して、Discourse実行コンテナを確認できます。

docker ps

次の出力が表示されます。

CONTAINER ID   IMAGE                 COMMAND        CREATED          STATUS          PORTS                                      NAMES
ab3bdf3c169d   local_discourse/app   "/sbin/boot"   22 seconds ago   Up 21 seconds   0.0.0.0:80->80/tcp, 0.0.0.0:443->443/tcp   app

Discourse WebUIにアクセスする

次に、Webブラウザーを開き、URLを入力します https://discourse.linuxbuz.com。 談話設定画面にリダイレクトされます。

ディスコースのインストールに成功

クリックしてください 登録 ボタン。 登録ページが表示されます。

管理者アカウントを登録する

Eメール確認

結論

おめでとう! これで、CentOS 8にDiscourseフォーラムソフトウェアが正常にインストールされました。これで、Discourseのその他の機能を調べて、実稼働環境に展開できます。 ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Hope this helps! 

Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です