CentOS8にElasticsearchをインストールする方法

Centos/RHEL

Elasticsearchは、柔軟で強力なオープンソースの分散型リアルタイム検索および分析エンジンです。単純なAPIセットを使用すると、全文検索が可能になります。 Elastic Searchは、Apache 2ライセンスの下で自由に使用でき、最も柔軟性があります。

このチュートリアルは、CentOS 8およびRedHat 8システムでElasticsearchシングルノードクラスターをセットアップするのに役立ちます。

前提条件

Javaは、Elasticsearchを任意のシステムにインストールするための主要な要件です。インストールされているJavaのバージョンは、以下のコマンドで確認できます。エラーが返された場合は、 このチュートリアルを使用してシステムにJavaをインストールしてください 。

sudo dnf install java-11-openjdk

インストール後、Javaのバージョンを確認します。

java -version  

openjdk version "11.0.8" 2020-07-14 LTS 
OpenJDK Runtime Environment 18.9 (build 11.0.8+10-LTS) 
OpenJDK 64-Bit Server VM 18.9 (build 11.0.8+10-LTS, mixed mode, sharing)

ステップ1 – Yumリポジトリーの構成

最初のステップは、システムでElasticsearchパッケージリポジトリを設定することです。次のコマンドを実行して、Elasticsearch rpmパッケージのGPGキーをインストールします。

sudo rpm --import https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch

次に、Elasticsearch用のyumリポジトリー構成ファイルを作成します。 /etc/yum.repos.d/elasticsearch.repoファイルをお気に入りのテキストエディターで編集します。

sudo vi /etc/yum.repos.d/elasticsearch.repo

以下のコンテンツを追加:

[Elasticsearch-7]
name=Elasticsearch repository for 7.x packages
baseurl=https://artifacts.elastic.co/packages/7.x/yum
gpgcheck=1
gpgkey=https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch
enabled=1
autorefresh=1
type=rpm-md

ステップ2 – Elasticsearchのインストール

システムはElasticsearchインストール用に準備されています。次のコマンドを実行してDNFキャッシュを更新し、Elasticsearch rpmパッケージをシステムにインストールします。

sudo dnf update -y 
sudo dnf install elasticsearch -y

ステップ3 – Elasticsearchを構成する

インストールが正常に完了したら、Elasticsearch構成ファイル「/etc/elasticsearch/elasticsearch.yml」を編集し、network.hostをlocalhostに設定します。システムLAP IPアドレスに変更して、ネットワーク経由でアクセスできるようにすることもできます。

vim /etc/elasticsearch/elasticsearch.yml

以下の値を設定して、Elasticsearch環境をカスタマイズします。

 cluster.name:TecAdmin-ES-Cluster node.name:node-1 path.data:/ var / lib / elasticsearch network.host:127.0.0.1

ファイルを保存して閉じます。

設定を変更したら、Elasticsearchサービスを有効にして開始します。

sudo systemctl enable elasticsearch 
sudo systemctl start elasticsearch

Elasticsearchサーバーが稼働しています。サービスのステータスを表示するには、以下のコマンドを実行します。

sudo systemctl status elasticsearch

出力:

● elasticsearch.service - Elasticsearch
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/elasticsearch.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since Wed 2020-10-21 05:28:25 UTC; 12min ago
     Docs: https://www.elastic.co
 Main PID: 99609 (java)
    Tasks: 61 (limit: 75413)
   Memory: 1.2G
   CGroup: /system.slice/elasticsearch.service
           ├─99609 /usr/share/elasticsearch/jdk/bin/java -Xshare:auto -Des.networkaddress.cache.ttl=60 -Des.networkaddress.cache.negative.ttl=10 -XX:+AlwaysPreTouch -X>
           └─99818 /usr/share/elasticsearch/modules/x-pack-ml/platform/linux-x86_64/bin/controller

Oct 21 05:28:09 centos8 systemd[1]: Starting Elasticsearch...
Oct 21 05:28:25 centos8 systemd[1]: Started Elasticsearch.

ステップ4 – Elasticsearchをテストする

Elasticsearchが正常にインストールされ、CentOS 8またはRHEL 8システムに実行されました。

次のコマンドを実行して、Elasticsearchサーバーの構成とバージョンの詳細を表示します。

curl -X GET "localhost:9200/?pretty"

次のような結果が表示されます。

{
  "name" : "centos8",
  "cluster_name" : "TecAdmin-ES-Cluster",
  "cluster_uuid" : "a0OZk1c1TEmPTlA24uT4zQ",
  "version" : {
    "number" : "7.9.2",
    "build_flavor" : "default",
    "build_type" : "rpm",
    "build_hash" : "d34da0ea4a966c4e49417f2da2f244e3e97b4e6e",
    "build_date" : "2020-09-23T00:45:33.626720Z",
    "build_snapshot" : false,
    "lucene_version" : "8.6.2",
    "minimum_wire_compatibility_version" : "6.8.0",
    "minimum_index_compatibility_version" : "6.0.0-beta1"
  },
  "tagline" : "You Know, for Search"
}

結論

おめでとう! CentOS 8 LinuxシステムでElasticsearchシングルノードクラスターが正常に構成されました。

Source

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です