Journalctl: テールサービスログ – Systemd Journal

リナックス

Journalctl はjournald, systemdのログ サービスからログを照会および表示するための Linux のコマンドライン ツールです。

このノートでは、journalctlを使用してシステム化されたサービスログをテールする方法(最後の100行またはフォロー)、特定の時間の遅れ(今日のログ、以前のブートログ、または特定の日時のシステム化されたサービスログ)のログを表示する方法を説明します。

ジャーナルctl を使用したシステムサービスログのテール

システム化ジャーナルログをすべて表示:

$ journalctl

現在のブートのみのログを表示します。

$ journalctl -b

前のブートのログを表示します。

$ journalctl -b=-1

特定のサービス (equiv. tail -n 100):

$ journalctl -u docker.service -n 100 --no-pager

サービス (equiv. tail -f):

$ journalctl -u docker.service -f

今日から、昨日以降のサービスのためのシステムログを表示します。

$ journalctl -u docker.service -S today $ journalctl -u docker.service -S yesterday $ journalctl -u docker.service -S "1 hour ago" $ journalctl -u docker.service -S "2 days ago"

2 つの日付間のログの表示:

$ journalctl -u docker.service -S "2020-01-16 18:00:00" -U "2020-01-17 23:00:00"

Grep journalctlサービスログ:

$ journalctl -u docker.service | grep -i error

1 thought on “Journalctl: テールサービスログ – Systemd Journal

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です