Ubuntu 20.04でNginxを使用してWordPressをインストールする方法

Ubuntu/Debian

今日、Webの36%以上がWordPressプラットフォームで実行されています。これは、強力な機能、美しいデザイン、そして何よりも自由にWebサイトやブログを作成するために最も広く使用されているオープンソースコンテンツ管理システムの1つだからです。あなたが望むものを構築します。

この記事では、 Ubuntu 20.04に NginxウェブサーバーでWordPressをインストールする方法を学びます。 WordPressをインストールするには、LEMPスタックがUbuntu 20.04サーバーにインストールされている必要があります。それ以外の場合は、次のガイドを参照してください。

Ubuntu 20.04へのWordPressのインストール

1. LEMPスタックを配置したら、次のwgetコマンドを使用して、公式サイトからWordPressをダウンロードしてセットアップします。

 $ wget -c http://wordpress.org/latest.tar.gz

2.パッケージのダウンロードが完了したら、 次のようにtarコマンドを使用してアーカイブファイルを抽出します。

 $ tar -xzvf latest.tar.gz

3.次に、 wordpressフォルダーのコンテンツをWebサーバーのフォルダー( mysite.com )にコピーします。これは、次のようにWebサーバーのWebドキュメントルート( /var/www/html/ )の下に保存する必要があります。

cpコマンドを使用する場合、 mysite.comディレクトリは以前に存在している必要はなく、自動的に作成されることに注意してください。

$ ls -l
$ sudo cp -R wordpress/ /var/www/html/mysite.com
$ ls -l /var/www/html/mysite.com/

ウェブサイトでワードプレスをホストする

ウェブサイトでワードプレスをホストする

4.次に、ウェブサイトディレクトリ/var/www/html/mysite.com正しい権限を設定します。ウェブサーバーのユーザーとグループwww-dataは、読み取り、書き込み、実行の権限でそれを所有する必要があります。

$ sudo chown -R www-data:www-data /var/www/html/mysite.com
$ sudo chmod -R 775 /var/www/html/mysite.com

ウェブサイト用のWordPressデータベースの作成

5. WordPressには、Webサイトのデータストレージ用のデータベースが必要です。サイト用に作成するには、 mysqlコマンドで-uオプションを使用してMariaDBシェルにログインし、ユーザー名と-pにパスワードを指定し、ルートデータベースユーザーとしてアクセスしている場合はsudoを使用します。

$ sudo mysql -u root -p 
OR
$ sudo mysql -u root		#this also works for root database user

6.データベースシェルにアクセスしたら、次のコマンドを発行して、表示されているようにWebサイトのデータベース、データベースユーザー、およびパスワードを作成します(「 mysite 」、「 mysiteadmin 」、「 [email protected]の代わりに値を使用することを忘れないでください) !」)。

MariaDB [(none)]> CREATE DATABASE mysite;
MariaDB [(none)]> GRANT ALL PRIVILEGES ON mysite.* TO 'mysiteadmin'@'localhost' IDENTIFIED BY  '[email protected]!';
MariaDB [(none)]> FLUSH PRIVILEGES;
MariaDB [(none)]> EXIT;

WordPressデータベースを作成する

WordPressデータベースを作成する

7.この時点で、新しいWordPressインストール用のwp-config.phpファイルを作成する必要があります。ここで、データベース接続と他のいくつかのパラメーターも定義します。 Webサイトのドキュメントルート/var/www/html/mysite.com移動し、デフォルトで提供されるサンプルファイルからwp-config.phpファイルを作成します。

$ cd /var/www/html/mysite.com
$ sudo mv wp-config-sample.php wp-config.php

8. wp-config.phpファイルを作成した後、それを開いて編集します。

 $ sudo vim wp-config.php

次のスクリーンショットで強調表示されているように、データベース接続設定(WordPressのデータベースの名前、MariaDBデータベースのユーザー名、およびユーザーのパスワード)を変更して、新しいWordPressサイトが作成したデータベースに接続できるようにします。

WordPress Configでデータベース設定を設定する

WordPress Configでデータベース設定を設定する

WordPress Webサイト用のNGINX仮想サーバーブロック(VirtualHost)の作成

9. NGINXがドメイン名(例: mysite.com )を使用してクライアントにWebサイトを提供するには、 NGINX構成でサイトの仮想サーバーブロック(Apacheの仮想ホストに類似)を構成する必要があります。

ファイルを作成mysite.com.conf示すように/etc/nginx/conf.d/ディレクトリの下。

 $ sudo vim /etc/nginx/conf.d/mysite.com.conf

次の設定をコピーしてファイルに貼り付けます。 mysite.comwww.mysite.comを自分のドメイン名にwww.mysite.comてください。

server {
        listen 80;
        listen [::]:80;
        root /var/www/html/mysite.com;
        index  index.php index.html index.htm;
        server_name mysite.com www.mysite.com;

        error_log /var/log/nginx/mysite.com_error.log;
        access_log /var/log/nginx/mysite.com_access.log;
        
        client_max_body_size 100M;
        location / {
                try_files $uri $uri/ /index.php?$args;
        }
        location ~ \.php$ {
                include snippets/fastcgi-php.conf;
                fastcgi_pass unix:/run/php/php7.4-fpm.sock;
                fastcgi_param   SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
        }
}

WordPressウェブサイト用のNginxサーバーブロックを作成する

WordPressウェブサイト用のNginxサーバーブロックを作成する

:上記の構成では、 fastcgi_passパラメーターの値は、 / etc / php / 7.4 / fpm / pool.d / wwwの listenパラメーターの値で定義されているように、 PHP-FPMがリッスンしているソケットを指す必要があります。 confプール構成ファイル。デフォルトはUNIXソケット/run/php/php7.4-fpm.sockです。

10.重要なことに、NGINXは通常、すべてのリクエストをデフォルトサーバーにルーティングします。したがって、 デフォルトのサーバーブロックファイルを削除して、新しいサイトと、同じサーバーにセットアップする他のサイトが適切に読み込まれるようにします。

$ sudo rm /etc/nginx/sites-enabled/default
$ sudo rm /etc/nginx/sites-available/default

11.次に、 NGinxサービスを再起動して上記の変更を適用する前に、 NGINX構成構文にエラーがないか確認します。

$ sudo nginx -t
$ sudo systemctl restart nginx

Nginxの構成を確認する

Nginxの構成を確認する

WebインストーラーによるWordPressインストールの完了

12.次に、Webインストーラーを使用してWordPressのインストールを完了する必要があります。 Webブラウザーを開き、ドメイン名を使用して移動します。

http://mysite.com/
OR
http://SERVER_IP/

Webインストーラーがロードされたら、インストールプロセスに使用する言語を選択し、[ 続行 ]をクリックします。

WordPressインストール言語を選択

WordPressインストール言語を選択

13.次に、新しいWebサイトに関する必要な情報を入力します。これは、サイトのタイトル、管理ユーザー名、ユーザーのパスワード、および電子メールアドレスです。次に、[WordPressのインストール]をクリックします。この情報は後でいつでも編集できます。

WordPressサイトの詳細を追加

WordPressサイトの詳細を追加

14. WordPressが正常にインストールされたら、次の画面で強調表示されているログインボタンをクリックして、Webサイト管理者のダッシュボードにアクセスします。

WordPressのインストールが完了しました

WordPressのインストールが完了しました

15. Webサイト管理者のログインページで、上で作成したユーザー名とパスワードを入力し、[ログイン]をクリックして、サイトの管理ダッシュボードにアクセスします。

WordPressログイン

WordPressログイン

WordPressダッシュボード

WordPressダッシュボード

おめでとう! Ubuntu 20.04NGINX含む最新バージョンのWordPress正常インストールし 、新しいWebサイトまたはブログの作成を開始しました。

安全なサイトを実行するには、クライアントとの暗号化通信用のSSL / TLS証明書をインストールしてHTTPSを有効にする必要があります。本番環境では、 Let’s Encrypt証明書を無料で自動化し、オープンで、すべての最新のWebブラウザーとは言わないまでもほとんどのユーザーが信頼することをお勧めします。または、商用認証局(CA)から購入することもできます。

Source

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です