Ubuntu 20.04にSiegeBenchmarkingToolをインストールして使用する方法

Ubuntu/Debian

Siegeは、Linux用のオープンソースのマルチスレッド負荷テストおよびベンチマークツールです。特定のユーザー数の単一のURLを使用してストレステストを実行することも、すべてのURLをファイルとに配置することもできます。それらを同時に強調します。また、n人のユーザーでt回Webサーバーをテストすることもできます。 Siegeは、回帰、インターネットシミュレーション、ブルートフォースの3つの操作モードを提供します。

 

このチュートリアルでは、Ubuntu20.04にSiegeBenchmarkingToolをインストールする方法を説明します。

前提条件

  • Ubuntu20.04を実行しているサーバー。
  • ルートパスワードがサーバーに設定されます。

入門

開始する前に、システムパッケージを最新バージョンに更新してください。次のコマンドを使用して、それらを更新できます。

apt-get update -y

すべてのパッケージが更新されたら、次のステップに進むことができます。

Siegeをインストールする

デフォルトでは、SiegeはUbuntu20.04のデフォルトリポジトリで利用できます。次のコマンドを実行するだけでインストールできます。

apt-get install siege -y

Siegeがインストールされると、次のコマンドを使用して、インストールされているSiegeのバージョンを確認できます。

siege --version

次の出力が表示されます。

SIEGE 4.0.4

Copyright (C) 2017 by Jeffrey Fulmer, et al.
This is free software; see the source for copying conditions.
There is NO warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS
FOR A PARTICULAR PURPOSE.

包囲を構成する

デフォルトのSiege構成ファイルは/ etc / siege / siegercにあります。この構成ファイルを編集して、ログファイルを定義する必要があります。

nano /etc/siege/siegerc

次の行のコメントを解除します。

logfile = $(HOME)/var/log/siege.log

終了したら、ファイルを保存して閉じます。

Siegeで単一のWebサイトをテストする

以下に示すように、任意のWebサイトを指定して負荷をテストすることにより、siegeコマンドを使用できます。

siege test.example.com

次の出力が表示されます。

Transactions:		       57832 hits
Availability:		       99.95 %
Elapsed time:		      401.49 secs
Data transferred:	      706.55 MB
Response time:		        0.17 secs
Transaction rate:	      144.04 trans/sec
Throughput:		        1.76 MB/sec
Concurrency:		       24.35
Successful transactions:       57852
Failed transactions:	          31
Longest transaction:	      100.01
Shortest transaction:	        0.00

Siegeで複数のWebサイトをテストする

ファイル/etc/siege/urls.txtにWebサイトのURLを追加して、複数のWebサイトをテストすることもできます。

nano /etc/siege/urls.txt

以下に示すように、必要なURLを追加します。

http://example1.com
www.example.com
192.168.0.2

終了したら、ファイルを保存して閉じます。次に、以下に示すようにURLファイルを指定してsiegeコマンドを実行します。

siege -f /etc/siege/urls.txt

これにより、/ etc / siege / urls.txtファイルからすべてのURLを1つずつ読み取ることにより、ストレステストが実行されます。

Siegeには多くのオプションがあります。それぞれの簡単な説明を以下に示します。

  • -t:このオプションは、Siegeを実行する時間制限を設定するために使用されます。
  • -c:このオプションは、同時ユーザーの数を設定するために使用されます。
  • -d:このオプションは、各ユーザーの遅延時間を設定するために使用されます。
  • -C:このオプションは、独自の構成ファイルを指定するために使用されます。
  • -i:ランダムなURLをヒットするために使用されます。
  • -T:リクエストのContent-Typeを設定するために使用されます。
  • -h:ヘルプ情報を表示するために使用されます。
  • -l:ログファイルを生成するために使用されます。

結論

上記の記事では、SiegeをインストールしてWebサイトのパフォーマンスをベンチマークする方法を学びました。これで、Siegeですべてのオプションを1つずつ使用して、結果をテストできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です