AWSでRDS(MySQL)のCloudwatchアラームを作成する方法

AWS

RDSインスタンスを監視することは非常に重要であり、同じことが他のリソースにも当てはまります。 この記事では、RDS MySQLインスタンスの簡単なアラームを作成して、インスタンスの空きストレージ容量を確認します。 アラームの作成に使用できるさまざまなメトリックもあります。クリックしてください ここに RDSインスタンスで利用可能なメトリックのリストを表示します。 「FreeStorageSpace」メトリックは、インスタンスで使用可能なストレージスペースをチェックし、指定された条件に応じて、アラームがトリガーされ、SNSエンドポイントに通知を送信します。 「FreeStorageSpace」メトリックは、パーセントではなくバイト単位の値を受け入れます。

この記事に進む前に、RDSインスタンスの基本を理解していて、アラームを作成するためのインスタンスがアカウントにすでにあることを前提としています。

前提条件

  1. AWSアカウント(作成する お持ちでない場合)。
  2. アラームを作成するためのRDSMySqlインスタンス。

何をしたらいいでしょう?

  1. AWSにログインします。
  2. RDSMySqlインスタンスのアラームを作成します。
  3. アラームを削除します。

AWSにログインします

クリック ここに AWSログインページに移動します。

上記のリンクをクリックすると、次のようなログインページが表示されます。 AWSアカウントにログインするための認証情報を入力します。

ログインページ

アカウントに正常にログインすると、AWS管理コンソールが次のように表示されます。

AWS管理コンソール

RDSMySqlインスタンスのアラームを作成します

アラームを作成するには、最初にCloudwatchにアクセスする必要があります。 上部の検索ボックスでクラウドウォッチを検索します。

Cloudwatchを検索

メインのクラウドウォッチダッシュボードは次のように表示されます。 左側のパネルの「アラーム」をクリックします。

Cloudwatchダッシュボード

選択した地域のアカウントにアラームがないため、このページには何も表示されません。

アカウントにすでにあるRDSインスタンスのアラームを作成するには、[アラームの作成]ボタンをクリックします。

アラートページ

このページで、[メトリックの選択]ボタンをクリックします。

メトリックと条件を指定する

検索ボックスに「RDS」と入力し、Enterボタンを押して、RDSのメトリックをフィルタリングします。[RDS]->[すべてのデータベース全体]をクリックして、現在のリージョンで使用可能なすべてのデータベースインスタンスに関連するメトリックを表示するページに移動します。

RDSメトリックを検索

リストで使用可能なメトリックのいずれかを選択して、アラームを作成できます。 ここでは、「FreeStorageSpace」メトリックを選択しました。[メトリックの選択]ボタンをクリックして続行します。

メトリックを選択します

[条件]で、metriCのしきい値を指定し、[少ない]オプションを選択します。 RDSインスタンスの空きストレージ容量が指定されたしきい値を下回ると、アラームがトリガーされます。 「次へ」ボタンをクリックして続行します。

条件を指定する

このページでは、既存のトピックからSNSトピックを選択するか、新しいトピックを作成できます。 アラームがトリガーされると、トピックにサブスクライブされているエンドポイントで選択されたSNSトピックに通知が送信されます。

SNSトピックを選択

次のページで、アラームに名前を付け、説明を追加します。[次へ]ボタンをクリックして先に進みます。

名前と説明を追加

アラームのすべての構成を確認し、[アラームの作成]ボタンをクリックします。

アラートを確認する

アラームが正常に作成されると、アラームページで確認できます。 アラームの現在の状態は「OK」です。 これは、条件が満たされておらず、RDSインスタンスの空きストレージスペースがまだアラームで指定したしきい値を超えていることを意味します。 RDSインスタンスのストレージスペースが指定したしきい値を下回ると、アラームがトリガーされ、SNSエンドポイントに通知が送信されます。

アラート-OK状態

アラームを削除する

アラームが不要になったら、簡単に削除できます。 削除するアラームを選択し、「アクション->削除」ボタンをクリックします。

アラートを削除する

ポップアップ画面が表示されたら、[削除]ボタンをクリックすると、アラームが完全に削除されます。 アラームを削除すると元に戻すことはできませんので、アラームの削除操作はご注意ください。

削除の確認

結論

この記事では、RDSインスタンスのアラームを作成する手順について説明しました。 RDSインスタンスの空きストレージスペースが指定されたしきい値を下回った場合にトリガーされるアラームを作成しました。アラームの要件に従って条件を選択できます。 また、数回クリックするだけでアラームを簡単に削除できることもわかりました。

Hope this helps!

Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です