Ubuntu 20.04にVNCサーバーをインストールする方法

Ubuntu/Debian

VNCは「VirtualNetworkComputing」の略で、デスクトップを共有するための共有システムまたはプロトコルのセットです。 TigerVNC、TightVNC、Vino、vnc4serverなど、Linuxベースのデスクトップにリモートでアクセスするために利用できる多くのソフトウェアがあります。

TigerVNCは、Linuxベースのデスクトップをリモートで制御またはアクセスするために使用される無料のオープンソースで高性能なVNCサーバーです。これは、リモートマシン上のグラフィカルアプリケーションと対話できるようにするクライアント/サーバーアプリケーションです。

このチュートリアルでは、Ubuntu20.04にVNCサーバーをインストールして構成する方法を示します。

ステップ1-デスクトップ環境をインストールする

デフォルトでは、Ubuntuサーバーにはデスクトップ環境が含まれていません。 TigerVNCサーバーは、デスクトップシステムのみを制御するように設計されています。したがって、サーバーにデスクトップ環境を追加する必要があります。

まず、次のコマンドを使用して、インストールされているすべてのパッケージを更新およびアップグレードします。

apt update -y apt upgrade -y

システムが更新されたら、Taskselユーティリティをインストールしてデスクトップ環境をインストールします。

apt install tasksel -y

Taskselをインストールした後、次のコマンドを使用してTaskselユーティリティを起動します。

tasksel

次のインターフェイスが表示されます。

TaskselはUbuntuデスクトップをインストールします

矢印キーを使用してリストを下にスクロールし、 Ubuntuデスクトップを見つけます。次に、スペースキーを押して選択し、Tabキーを押して[OK]を選択し、Enterキーを押してUbuntuデスクトップをインストールします。

すべてのパッケージがインストールされたら、システムブートをグラフィカルターゲットに設定する必要があります。次のコマンドで設定できます。

systemctl set-default graphical.target

次に、システムを再起動して変更を適用します。

ステップ2–TigerVNCサーバーをインストールする

デフォルトでは、TigerVNCパッケージはUbuntu20.04デフォルトリポジトリで利用できます。次のコマンドを実行するだけでインストールできます。

apt install tigervnc-standalone-server -y

TigerVNCをインストールした後、新しいユーザーを作成し、そのユーザーのVNCパスワードを設定します。

まず、次のコマンドを使用して、hiteshという名前の新しいユーザーを作成します。

adduser hitesh

次に、ユーザーをhiteshに切り替え、次のコマンドを使用してVNCパスワードを設定します。

su - hitesh vncpasswd

以下に示すように、希望のパスワードを入力します。

Password:
Verify:
Would you like to enter a view-only password (y/n)? n

次に、次のコマンドを使用してVNCサーバーを起動します。

vncserver -localhost no

VNCサーバーが起動すると、次の出力が表示されます。

New 'ubuntu2004:1 (hitesh)' desktop at :1 on machine ubuntu2004

Starting applications specified in /etc/X11/Xvnc-session
Log file is /home/hitesh/.vnc/ubuntu2004:1.log

Use xtigervncviewer -SecurityTypes VncAuth,TLSVnc -passwd /home/hitesh/.vnc/passwd ubuntu2004:1 to connect to the VNC server.

次のコマンドを使用して、実行中のVNCサーバーを確認できます。

vncserver -list

次の出力が得られるはずです。

TigerVNC server sessions:

X DISPLAY #	RFB PORT #	PROCESS ID
:1		5901		1719

ステップ3–VNCクライアントをインストールする

このセクションでは、RealVNC VNCクライアントをリモートマシンにインストールし、VNCサーバーに接続します。

RealVNCクライアントは、 RealVNCダウンロードページからダウンロードできます。

ダウンロードが完了したら、次のコマンドを使用してダウンロードしたパッケージをインストールします。

dpkg -i /home/vyom/Downloads/VNC-Viewer-6.20.529-Linux-x64.deb

次に、GnomeアプリケーションメニューからVNCクライアントを起動します。次に、[ファイル]メニュー=> [新しい接続]をクリックして、新しい接続を作成します。次の画面が表示されます。

新しい接続RealVNCを作成する

名前IPアドレスをVNCサーバーのVNCセッションID :1とともに入力し、[ OK ]をクリックして接続を保存します。保存した接続が次の画面に表示されます。

VNCビューア接続リスト

次に、新しく作成した接続をダブルクリックします。以下に示すように、VNCパスワードを入力するように求められます。

vncサーバーを接続します

VNCパスワードを入力し、[OK]をクリックします。接続すると、Ubuntuデスクトップ画面が表示されます。

Ubuntu20.04に接続されたVNCビューアー

ステップ4–デスクトップ環境で動作するようにVNCを構成する

開始する前に、-killオプションを指定したvncserverコマンドと、引数としてサーバーセッションIDを使用して、VNCインスタンスを停止します。

vncserver -kill :1

次の出力が得られるはずです。

XtigervncプロセスID1719を強制終了…成功!

次に、Gnomeと連携するようにTigerVNCを構成する必要があります。これを行うには、.vncディレクトリ内に新しいファイルxstartupを作成します。

su - hitesh nano ~/.vnc/xstartup

次の行を追加します。

終了したら、ファイルを保存して閉じます。上記のスクリプトは、TigerVNCサーバーを起動または再起動するたびに自動的に実行されます。

次に、〜/ .vnc / xstartupファイルに実行権限を付与します。

chmod u+x  ~/.vnc/xstartup 

ステップ5–VNC用のSystemdサービスファイルを作成する

次に、TigerVNCがVNCサービスを管理するためのsystemdファイルを作成する必要があります。次のコマンドで作成できます。

nano /etc/systemd/system/[email protected]

次の行を追加します。

[Unit]
Description=Remote desktop service (VNC)
After=syslog.target network.target

[Service]
Type=simple
User=hitesh
PAMName=login
PIDFile=/home/%u/.vnc/%H%i.pid
ExecStartPre=/usr/bin/vncserver -kill :%i > /dev/null 2>&1 || :
ExecStart=/usr/bin/vncserver :%i -localhost no -geometry 1024x768
ExecStop=/usr/bin/vncserver -kill :%i

[Install]
WantedBy=multi-user.target

ファイルを保存して閉じてから、次のコマンドでsystemdデーモンをリロードします。

systemctl daemon-reload

次に、次のコマンドを使用して、システムの再起動時にVNCサービスを開始できるようにします。

systemctl enable [email protected] 

次に、次のコマンドを使用してVNCサービスを開始します。

systemctl start [email protected] 

結論

おめでとう!これで、Ubuntu20.04にTigerVNCサーバーが正常にインストールおよびセットアップされました。これで、Ubuntuシステムを任意のデスクトップシステムから接続し、使いやすいグラフィカルインターフェイスで管理できます。

Source

1 thought on “Ubuntu 20.04にVNCサーバーをインストールする方法

  1. vncパスワードを設定しようとすると途中で[su: System error]と出てしまいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です